2日間にかけて、2月19-20日に行う商談ツアー下見に、さんりくチャレンジ事務局が行ってきました。
(商談ツアーについてはこちらから)

まず訪れたのは、盛岡から車で1時間ほど。寒い時期はマイナス20度にもなるという宮古市区界。

ここに、「南部鮭加工研究会」の燻製小屋があります。

南部鮭冷燻を作られている佐々木信男さん。

冷燻は低い温度で1週間ほど燻し続けるため、区界のような寒い地域でないと作れないのです。

南部鮭冷燻南部鮭冷燻2

温度を管理しながらの燻製。寒い地域で本当に大変な作業です。

出来上がった冷燻は、しっとりしていて、上品に燻製の香りがしてきます。

和食というより、イタリアンなどが似合う、大人の味です。

 

次に、宮古市田老の「まつ本」へ。

ここでは、旦那さんが昆布の養殖をされている松本幸枝さんが、昔ながらの新巻き鮭と昆布をあわせた「鮭よろこんぶ」を作られています。

今年の鮭は5年物ということで、大きなものだと8キロほどにもなるそう。

そんな鮭を小柄な松本さんが、手作業で、内臓処理、塩と昆布に漬け込んで、丁寧に洗った後、天日に干すという大変体力の必要な作業をされています。

天日干し

寒風でないと美味しくならないそうで、天気を常に見ながら、天日干ししたり取り込んだりを繰り返しようやく出来上がります。まさに自然と一緒に作る、そんな商品でした。

 

次は、「差畑しあわせ牧場」へ。

差畑牧場 牛

こちらは商談ツアーでは、訪問できないのですが、今回お邪魔してきました。

差畑忠司さんは、希少なジャージー牛の放牧をされています。

開けた牧場では、牛たちがちょうど搾乳の時間に列を作っていました。

差畑さんは、難しいと言われるジャージー牛のモッツァレラチーズを作っています。

特に冬場作っているところはほとんどないそう。

研究に研究を重ねられている様子でした。

 

1日目最後は、岩泉の「糸ばた工房」です。

元料亭という趣のある建物で、「山ぶどう染織うれら織り」を作られている和久石タイ子さん。

工房には、赤味がかった淡い紫から、青みがかった薄紫まで、さまざまな糸が吊るされていました。4台並べられた織り機にはそれぞれ糸がかかっており、なんと織り始めるまでの準備に4-5日もかかるということです。機織り機に糸を通す作業など聞いていて気が遠くなりました。

糸の染まり具合からさまざまな素材の糸を使いわけているそうで、同じ商品はひとつもありません。こだわりの結晶、そんな商品たちが工房にはたくさん並んでいました。

糸ばた工房うれら織り

 

商談ツアー下見の2日目。

2日目は、山田町の「かき・ほたて基地」にお邪魔してきました。

この日は晴天で、山田湾の美しい景色が目に飛び込んできました。

牡蠣とほたての養殖をされている、中村さん夫妻。

船で、一番近い牡蠣の養殖いかだに連れて行ってくださいました。

まず驚くのが、水の透明度。透き通っているんです。

「水質がいいので、貝毒の率もすごく少ないです」と中村さん。

牡蠣 牡蠣

牡蠣の身の大きいこと。海の塩味のきいた甘くクリーミーで、ぷりぷりの牡蠣。

なかなかできない体験をさせていただきました。
(この後、事務局のカメラのレンズが割れてしまいました。。。ここからは文章のみで失礼いたします)

 

次は、「しあわせ乳業」のしあわせ牧場にお邪魔しました。

24時間365日放牧の佐藤力さんの牧場。

まずは細い山道を登っていきます。

山が開けたところが牧場です。見晴らしがよく、山の間から海も見えます。山を切り開いたというのがよくわかります。

日の当たるところで、のんびりと日向ぼっこしている牛たちを見ているだけで心が和みます。

目がキラキラしており、ストレスがない状態で育てられているんだなぁと感じられました。

 

最後は、「山根商店」です。

若いころから、旦那衆に混ざって、せりにも参加していた山根智恵子さん。

魚が大好きで、知識が豊富で、大変研究熱心な方です。

脂ののった、輸入の鮭もいいけれど、日本近海で取れる白鮭こそ食べてほしい。と山根さん。

この地方の冬にとれる白鮭は、川に上る前の、脂の少ない鮭。そのまま焼いて食べるには少しパサつきます。そこで昔の人は熟成させて食べる新巻き鮭で、この鮭を美味しくしていたそう。脂が少ない分、熟成させられるので、旨味は倍増します。塩だけで、本当の美味しさが引き出せるのです。余計な味をつけず、本来の美味しい味を体験してもらいたい。そんな山根さんのこだわりをたくさん聞かせていただきました。

 

あまり手間を自慢されない、三陸の作り手の皆さん。

是非直接現場を見ることで、このこだわりを体験していただければと思います。

 

商談ツアーのお申し込みはこちらから

(締め切りは、平成27年2月12日です)