11月25日の事業者プレゼンテーション・展示会を経て、すでに数名の事業者の方々と、ご関心を持っていただいた企業・事業者様との仲介を始めております。

先日も、ある会社の社長様とお会いしてきました。商品については、自信をもってお薦めできるところですが、お取引がまとまるまでには、一つひとつ、三陸の事業者の方と手を携え、ハードルを越えていく必要があります。そうして、事業者の方々や私たちもたくましくなってゆく。その積み重ねが、着実に、三陸の復興を手繰り寄せるものと信じております。

販路を開拓するには、単に出会いの場を提供するだけでは、十分ではありません。これまで大都市などとの取引に不慣れな三陸では、特にそうだと思います。関係する双方の意思を、懸命につなぎ、工夫を凝らし、共有する価値を生み出し一つの着地点を見出す。その粘り強い営みが、三陸の方々と私たちにとってのチャレンジなのです。