三陸沿岸の起業者・事業者様の商品の魅力を引出し、全国の企業・事業者様との橋渡しによる販路開拓支援を通じて、被災地の生業づくりや起業を力強く支えてゆきます。

提案者のメッセージ 株式会社遠野アサヒ農園

商品導入事例・お取引を検討される皆様へお願い

商品導入事例
H25に大生産地である茨城を視察し、試作開始。産直を中心に販売し、好評を得る。
H25に3000袋を製造。道の駅、アンテナショップ、温泉旅館への卸も開始。
H26年3月に大丸松坂屋上野店で1週間販売。
H26年12月中旬より県内の大手スーパーでの販売開始予定。

関東地方の高級品を扱うスーパー様など、是非お声掛けお待ちしております!
また、パッキングの際に出る、切れ端を利用した二次加工品も開発予定。
和食の笠原シェフが監修に携わっていただける予定。
パッケージも改良予定
遠野アサヒ農園
商品導入事例
商品導入事例

提案者のプロフィール

平成9年3月 青山学院大学経営学部卒業
平成9年4月 第一企画株式会社入社
平成20年5月 株式会社アサツー ディ・ケイ退社
平成20年5月 農業で生計を立てることを目指し、東京から妻の故郷である岩手県遠野市へ移住
平成21年1月 認定就農者として自営を開始
平成23年冬 生産者だって消費者の顔を見たい、という想いから直接消費者の声を聞くことが可能となる直売スタイルを 目指し、主力作物、卸先、全てを方向転換。
平成24年 スペイン原産のししとうであるパドロン、中玉トマトの水を極限まで切った高糖度トマト、自分が本当に美味しいと思った品種を選んだスイートコーン、原材料のサツマイモを作り、東北では珍しい干し芋製造に取り組み始める。
平成25年 キリンビールの絆プロジェクトのひとつである、農業トレーニングセンターに参加し、パドロンのブランディングのプロジェクトチームを結成。キリンビールのホップの生産地である、遠野から生まれた、ビールのおつまみ野菜というコンセプト(ストーリー)が完成。
トマトジュースは料理の鉄人黒木純さんのお店でお取り扱いをいただく。
平成26年 遠野パドロンとして、キリンシティ全国39店舗、キリン一番搾りガーデンなど、出荷先が拡大。
スイートコーンは消費者にとって馴染みのない品種だったためこれまで苦労したが、県内のワイドショー番組で取り上げられ、一気に人気爆発。
干し芋は12月より県内某スーパー全店舗にてお取り扱い予定。
吉田敦史
農園
PAGETOP
Copyright © さんりくチャレンジ All Rights Reserved.