三陸沿岸の起業者・事業者様の商品の魅力を引出し、全国の企業・事業者様との橋渡しによる販路開拓支援を通じて、被災地の生業づくりや起業を力強く支えてゆきます。

提案者のメッセージ 有限責任事業組合 愛編む宮古

商品導入事例・お取引を検討される皆様へお願い

商品導入事例
  • 第3世界ショップへ、野菜キーホルダーや、バッチなどを卸販売。(年間野菜キーホルダー6種類:200セット)
  • 青山BLOOM&BRANCH へ納入し、追加注文も頂いています。
  • 2014年11月22日 起業応援フォーラムin宮古に出店予定。
貴社のオリジナルの手編み商品をご検討中の方、是非お声かけください。
デザイン性の高い製品も製図をいただければ対応可能です。
安くはありませんが、着心地がよく、心のこもったハンドメイドの洋服をお取り扱いいただけませんか?

企画商品の製作実績が多数ございます。
衣類から小物、雑貨まで対応可能です。

エコたわし、エコモップなどオリジナル商品を販売してくださる店舗様、お声かけください。
全国の皆様からお送りいただいた毛糸を使っておりますので、
愛のある優しい小物に仕上がっております。
野菜キーホルダー

提案者 盛合道子のプロフィール

小学生の頃から、好きな鍵針で、編みぐるみなどを作っていた。
好きがこうじて、編み物を手がけていたが、震災後、より編み物への情熱が強かった。
2011年7月 宮古市内「末広亭」にて、手編み講座へ参加。「編み物で仕事を」と思い参加。
2011年8月 フラットピアみやこにて、手編みサークルを行う。
2012年4月 手編み製品の販売を行う。
2013年4月 事業組合を立ち上げ、起業。
      販路拡大への活動を行っている。

編み物は、究極のエコ

”起業のきっかけは、震災後、支援で頂いた毛糸でした。”

頂いた毛糸を元に、手編みのサークルの中で、コミュニケーションができ、心がやすらぎ、
その分、手編み製品を作り、恩返しをする決意に至る。
復興がままならず、もうつらい、あきらめようと思ったけれど、

”編み物で築かれた人とのつながりで、癒され、商品販売により勇気をいただいた”

そんな思いで、起業を決意。
商品をつくるまで、組合員を取りまとめるための困難がありましたが、あきらめずやってきました。

”毛糸にはやさしさがある”

それは、私自身も手編み製品を、製造し、販売した時の、買っていただいた方からの声で体験しました。
手編み製品は、商品があきても、ほどいて、他の商品に編み直し、新たな商品を生み出すことができる。

そのことから、エコで、環境にやさしい、その原点が「毛糸」にはあります。
買っていただいた方が、心地よく、手編み製品を身につけていただくことを
思い描きながら、今日も、手編み製品づくりにはげみます。

PAGETOP
Copyright © さんりくチャレンジ All Rights Reserved.