三陸沿岸の起業者・事業者様の商品の魅力を引出し、全国の企業・事業者様との橋渡しによる販路開拓支援を通じて、被災地の生業づくりや起業を力強く支えてゆきます。

有限責任事業組合 愛編む宮古

新着情報、キャンペーン情報

投稿が見つかりません。

バックナンバー

企業情報

企業名 有限責任事業組合 愛編む宮古
所在地 〒027-0051 岩手県宮古市南町10-23-203
TEL 0193-64-4220
FAX 0193-64-4220
メールアドレス
代表 盛合 道子
設立 2013年4月8日
営業日 9:30~16:00(不定休)

事業の内容・特長など

オーダーメイドとオリジナル「手編み商品」の製作
【愛編む宮古の特長】
8人の女性が
心を込めて丁寧に編む
優しくて、可愛らしい手編み商品たち
頂いたデザインやイメージを手編みいたします。
  • マスコットから、セーター、チュニックまで、小物・衣類・雑貨まで対応可能。
  • ハンドメイドで、1つ1つが世界にたった一つ
  • サイズ、色、製法などすべて、オーダーメイド仕上げ
  • ハンドメイドの衣類は着心地が抜群
  • 全国から寄付していただいた毛糸を使っての対応も可能
手編み商品
愛編む宮古
私たちが編んでいます!!
S子さん
子供の出産祝いに毛糸をもらったのがきっかけで編み物を始めました。
昔から手芸全般が好きで、震災前には紙粘土で花を作ったり布でバッグ
等を作っていました。編み物は特に大好きです。
Y子さん
若いことから農網が大好きであの編んだ感じが最高です。
編み物をしていると癒されます。

T子さん
編み物も大好きですが、ミシンが特に大好きで1日1回はミシンの前に座っています。
心を癒してくれるのは、1人の時間になった時にミシンを踏むか、編み物をしていることです。

Oさん
中学生の時に手芸部に入っていてそのころから編み物が大好きでした。冊の本をひまに任せて全作品を作ったこともあります、仕事をしていた田尾期にはできなかったことがいまできて幸せです。

Mさん
洋服を作る仕事をしていたのでミシンがけも手縫いも得意です、編み物はまた別の意味で大好きです。可愛らしく作り上げるのが得意で完成したものについ花とかラメとかつけておしゃれ心を出してしまいます。

Nさん
ゆっくり編み物をしたいのですが、なかなか別のことに時間をとられ時間を配分するのが大変です。
それでも完成した時の喜びはひとしおです。

Y-Yさん
最初何十年ぶりにやったので、なれなくて肩こりをしていました、けれど、編み物仲間に教えてもらったりしてだいぶ楽しく編めるようになりました。いろいろなものを作ることができうれしいです。モノづくりの大切がわかってきました。
私たちが編んでいます
愛編む宮古について
きっかけは、WWB  JAPANの「ソーシャル・ニットワーク・プロジェクト」
2011年7月ニット講座に参加し、2012年3月まで上記プロジェクトで手編みで仕事を行う。

その後も編み物サークルとして編み物、販売を続け、2013年4月、全国よりいただいた毛糸を活用して、
仕事と生きがい、コミニュケーションの場としての愛編む宮古を立ち上げた。

■販売先
・第三世界
■マスコミ取材
雑誌
生活と自治(2013年5月号)
「毛糸で紡いだ愛を編む」
THE BIG ISSUE JAPAN 234号
「編みものソーシャルニットワークプロジェクト」
手編み大好き!雑誌(作品例として掲載)
テレビ
NHK先取り!(2012年3月)
新聞
東京新聞(2013年10月12日)
「被災地の手作り品販売」

アクセス

〒027-0051 岩手県宮古市南町10-23-203

PAGETOP
Copyright © さんりくチャレンジ All Rights Reserved.