三陸沿岸の起業者・事業者様の商品の魅力を引出し、全国の企業・事業者様との橋渡しによる販路開拓支援を通じて、被災地の生業づくりや起業を力強く支えてゆきます。

提案者のメッセージ 有限会社 満福農園

商品導入事例・お取引を検討される皆様へお願い

商品導入事例
  • ネット販売や口コミで販売。
  • 遠野市の産直かみごうのほか、陸前高田市の産直センターりぷるや大船渡市のおさかなセンターでも販売。
  • 陸前高田市の物産センターと、一本松茶屋でも販売予定。
価格については、小売価格1本1000円ですが、
数量がまとまるのであれば卸売価格もご相談させていただきます

お取引を検討される皆様へのお願い
『商品販売(店頭販売:買い取りor委託)』、または
『ギフト販売(通信&カタログ販売)』してくださる方、是非お声掛けください。

提案者のプロフィール

大学卒業後  父が経営する陸前高田自動車学校に入社し、教官として勤務
現在  陸前高田・平泉・遠野の3校の自動車学校を経営

2006年 農業部門設立 きゅうり栽培に取り組み始める
2007年 とまとジュース加工を始める
2012年3月 ㈲満福農園として分社化
2012年 3品種を使ったとまとジュース加工を始める
2013年 農業生産法人として認可される
2013年 自根きゅうりのピクルス加工を始める

日本人はもともと農耕民族だったじゃないか!?その農業が衰退しつつある。この先、どんな状況になってもいいように、自給自足できる体制を作らなきゃならん!と、陸前高田・遠野・平泉の各自動車学校は、教習指導員との二足のわらじを履いて、農業に取り組むこととなりました。
2011.3/11(金) 14:46 東日本大震災が発生。解散の方向に傾きかけるが「日本古来の伝統でもある、農業という文化を守り、後世に継承していく」ことをコンセプトに、採算は度外視し、農業部門の再建を決意。翌年には「有限会社 満福農園」として独立。
2014年現在、自動車の運転同様「安全」をキーワードに、農薬や添加物をできるだけ使用しない安全な農産物を作ることに力を注いでいます。
「食卓の笑顔、家族の福を満たす農園でありたい」
多くの出会い、巡り合いを大切に、皆様へ「食の安全」をお届けしたいと思っています。


PAGETOP
Copyright © さんりくチャレンジ All Rights Reserved.