三陸沿岸の起業者・事業者様の商品の魅力を引出し、全国の企業・事業者様との橋渡しによる販路開拓支援を通じて、被災地の生業づくりや起業を力強く支えてゆきます。

提案者のメッセージ 山根商店

商品導入事例・お取引を検討される皆様へお願い

主な「縄文漬け」の受賞歴
第54回全国水産加工たべもの展 大阪府知事賞【鮭縄文漬】
平成17年度岩手県水産加工品コンクール 岩手県水産加工連会長賞【鮭縄文漬】
宮古市産業まつり2005 市民が選ぶ新宮古特産品コンクール 審査員特別賞【鮭縄文漬】
第55回全国水産加工たべもの展 大阪府知事賞「技術賞」【いか縄文漬け】
2014年第二回地場もん国民大賞 審査員特別賞【鮭縄文漬】他

その他商品も受賞歴が毎年ございます。

縄文漬け
商品導入事例
2009-2011年 日本橋三越本館 「後世に伝えたい匠の味展」出展
2012年 伊勢丹「丹青会」@ホテルニューオータニ 出展
主な雑誌・テレビ
2011年 ノジュール12月号 【縄文漬とみそ麹漬】
2012年3月号 自遊人
2012年11月17日 テレビ岩手
2012年12月号 dancyu 【宮古縄文漬】
2013年4月2日 岩手日報 【こだわりすぎたアンチョビ】
2013年10月15日発行 安倍昭恵の日本のおいしいものを届けたい!【やわらか煮タコ】
2013年10月10日号 クロワッサン
石黒 智子先生のお勧め おいしくきれい、解凍が簡単。岩手の絶品干物 【縄文漬・鮭、さんま、さば】
2013年11月10日号 レタスクラブ いわて食材サポーター通信
冬木 れい先生のお勧め まだまだ知られていないおいしい岩手があるんです。【いかの塩辛】
2013年11月号 VERY
夫婦飲みの日の簡単おつまみ100  【やわらか煮たこ・いかの塩辛】
2013年12月号  FIGARO JAPON
食のスペシャリストのお墨付き 絶品!スタンダードなお取り寄せ
向笠 千恵子先生の推薦 山根商店【宮古湾のこだわりすぎたアンチョビ】
2014年6月号 いわてグラフ 復興の縁結び
海の幸と里の幸のコラボ新ジャンルの県産品の開拓
2014年6月8日12:00~放送テレビ岩手
いわて食サンド 【タコのアホ】
2014年9月16日 TBSテレビNスタ 15 150~ 19:00
日黒のさんま祭りにちなみ秋の味覚サンマの郷土料理についての特集で宮古の地元ならではの
「さんまのつみれ汁」「極上さんまの塩焼Jを披露。
こだわりの味をご提供されたいレストラン様・料亭様へ
「宮古縄文漬」
①目の届く範囲で生産
②生産量は限定的だが付加価値が高い

三陸の本当に美味しい味を多くの方に知っていただきたいと思っております。

百貨店様、是非催事でお試し下さい。

提案者 山根 智恵子のプロフィール

1971年 東京の短大を卒業し、父の手伝いを始める
     男社会、旦那衆に交じって鮮魚の仕入れの競に参加
2004年 本格的に特産品つくりに取り組む 第一号縄文漬の商品開発
2007年 父より山根商店を継承

三陸沖は、津軽暖流・親潮・黒潮のぶつかる豊かな漁場。
小さいころから魚を食べ続け、自分の舌がその味わいを覚えています。
大好きな魚、こういう食べ方だったらもっと美味しくなる、
魚を生かせる、そんな思いで商品を作っております。

家庭料理の延長線と考えて、自分が自信をもって作れる分しか
作っておりませんので、沢山は作れません。
機械を使わず、自分の舌を頼りに本当に美味しい!をお届けします。

食べて元気になってほしい。

手軽な旨みである化学調味料が身近にある今、
人間が本来生まれ持った味覚センサーが鈍って
きているのではと考えています。

健康に良いと言われている、発酵食品。
シンプルに塩と自然の恵みだけで作られた
健全な食事をとることで元気になってほしい。
そんな願いがあります。

原点は、縄文時代。

日本の食文化の始まりは、一万年も続いた縄文時代です。
土器を作って、煮炊きしたり、貯蓄して発酵させたり。
虫歯があったことが報告されていることからも、縄文時代には
豊かな食文化があったのではと考えます。
そんな食文化の精神を受け継いで、自然からの恵みを
美味しく食べる工夫をしております。

山根智恵子
PAGETOP
Copyright © さんりくチャレンジ All Rights Reserved.