三陸沿岸の起業者・事業者様の商品の魅力を引出し、全国の企業・事業者様との橋渡しによる販路開拓支援を通じて、被災地の生業づくりや起業を力強く支えてゆきます。

住田町観光協会

新着情報、キャンペーン情報

バックナンバー

企業情報

企業名 住田町観光協会
所在地 〒029-2311 岩手県気仙郡住田町世田米字川向88-1
TEL 0192-46-2111
FAX 0192-46-3515
ホームページ http://sumitakankou.blogspot.jp/
メールアドレス
代表 会長 菅野 浩正
設立 1966年
営業日 月曜~金曜 8時30分~17時15分

事業の内容・特長など

事業内容
住田町の観光PR、都市農村交流活動コーディネート、商品開発、販促活動等
主に生産者や地元販売協力者との間に立ち商品開発支援を展開しております。

(代表例)
★町おこしの活動支援食による町おこし
住田にんにくチキンカレー」の開発支援

食による町おこしのために集まった若者達が検討を重ねること25回
フレンチレストランロレオールのオーナーシェフ伊藤勝康氏が監修しました。

我々の役割
  • 有名シェフの動員
  • 検討会の場の提供
  • 開発コーディネート
実際に出来上がった『住田にんにくチキンカレー』の3つの特長
  1. 住田町火の土産のにんにくをベース
    住田町下有住火の土とは、かつて奥州藤原氏、平泉の黄金文化を支えた金山があった場所。火の土とは緋色の土、金の含まれた土のある地域を意味しています。
    火の土にんにくは、その火の土の農家によって静かに守り育てられていました。
  2. 特産の清流味わい鶏をやわらかく仕立て、ゴロッとしたお肉が入っています。
    住田フーズ(株)の契約種鶏場とふ化場で生産されたヒナが、飼育期間の約24日齢以降において抗生物質・合成抗菌剤を添加されず、海藻、木酢液、ハーブ抽出物を添加した飼料で育てられています。 産地・生産者・飼育方法などを明確にし、給与飼料にこだわった若鶏です。
  3. 本格派エスニック&スパイシーカレー
    1食200g入り 「中辛」
一般的に日の目を見ることのなかった住田町内の食材を掘り起し、それをどう町おこしに活用するか?食を通じて町をどう元気にしていけるか?そんなことを熱く思う若者たちが中心となって検討を重ね、カレーでいこうという路線に辿り着き、そして再び迷いながらも進みつづけ、農林水産省料理マスターズの伊藤勝康シェフのアドバイスと、監修によってなんとか形になったのが、この住田にんにくチキンカレーです。
住田にんにくチキンカレー
住田にんにくチキンカレー
伊藤勝康シェフ 農林水産省料理マスターズ
伊藤勝康シェフ
農林水産省料理マスターズ
検討会の様子
検討会の様子

アクセス

〒029-2311 岩手県気仙郡住田町世田米字川向88-1

PAGETOP
Copyright © さんりくチャレンジ All Rights Reserved.